オナ見せライブチャットとは一体どんなサービス?

ライブチャット仕組み

ライブチャットとは、女の子と映像や音声を聞きながらウェブカメラを通じてコミュニケーションを取るサイトのことを言います。

遠隔地にいる女性とインターネット回線を介してお互いもしくは一方の映像を映して行うビデオチャットとも言われています。

簡単に言えば、ネット上で遊ぶキャバクラのようなイメージになります。

※パフォーマーとはライブチャットにいる女性のことを指します。

オナ見せライブチャットの魅力

ライブチャットの最大の魅力は自宅や外出先で、可愛い女性やエッチな女性とコミュニケーションが取れるという点です。

  • 手軽にコミュニケーションが取れる
    ライブチャットは画面越しで女の子のえっちな姿や会話が楽しめるため、実際にキャバクラやストリップバーに出向く必要性がなく、外出先や自宅でできる。
  • 圧倒的に可愛い子が多い。
    全国各地にいる女性のため、自分好みの女の子が絶対に見つかります。利用するサイトによっては100人以上の規模があります。
  • まるでAV監督のような感覚が味わえる。
    アダルトライブチャットでは基本的に「脱ぎがメイン」のため、自分のリクエストした行為や少しずつ脱がしている感覚が味わえる。

つまり、自分がリードして性的思考ややってほしい行為を細かく相手伝えてリクエストできるということになります。

風俗の場合は女性側にリードされやすいですが、ライブチャットはあくまでもあなたがリードできるのです。

また、ライブチャットにいる女の子はすべて素人の子のため、プロとは違う恥じらい姿を堪能できたり、生の反応を楽しむことができるのも魅力の一つです。

ライブチャットはインターネット上の接客業

利用する男性は事前にポイントを購入しそれを使って女性とチャットをする流れになります。

ライブチャットにいる女性は全国各地から映像を配信しており、サイトに訪れた男性とチャットをして1分いくらというバックマージンをもらいながらアルバイトとしてチャットレディをしています。

オナ見せライブチャットの種類

ライブチャット種類

ライブチャットの仕組みや遊び方”でも軽く説明しておりますが、ライブチャットには3つの種類があります。

それは「アダルト」「ノンアダルト」「ミックス」となります。

◇アダルトはオナニー姿を見たり、ストリップショーを堪能

アダルトはもうお分かりだと思いますが、ウェブカメラの前で服を脱いで全裸になったり、女性のオナニー姿を見たりしてオナニーのお供にすることができます。

女の子によっては、アダルトグッズ(ローターやバイブなど)を使って自慰行為をしてくれます。

◇ノンアダは会話がメインで癒し目的

ノンアダルトはアダルトや自慰行為が一切禁止されているジャンルになります。規約上で禁止されているため、万が一アダルト行為を行った場合には最悪アカウント停止など食らってしまうこともあります。

「会話がメイン」のため、ノンアダを使う理由としては日常の癒しを求めたり、彼女感覚で会話を楽しみたい人向けです。

◇ミックスはノンアダ女性とアダルト女性が混在

主に人妻系サイト「マダムライブ」や「チャットピア」が代表的なサイトになります。

どちらになるのかは完全女の子の自由のため、気分に合わせて使い分けている女性もいます。

さらにミックスの場合だとアダルトライブチャットより1分あたりのポイント単価が低く設定されていてお得になっているのがほとんどとなっています。

※最近ではスマートフォン専用のビデオ通話アプリも続々リリースされていますので、パソコンよりはスマホがメインとなりつつある傾向があります。

初めての場合は無料お試しポイントがもらえる

ライブチャットは初回に限り無料会員登録をすると、1.000円~3.000円程度の無料ポイントがもらえるようになっています。

つまり、お金をかけずに遊ぶことができます!

ただ、ほとんどのサイトでは無料お試しポイントをもらうためには、「クレジットカード登録や電話番号認証」などが必要になりますが、これは重複登録を避けるためと18歳以上かどうかの年齢確認のためだけに利用しますので勝手に課金されたりすることはありません。

クレジットカード登録に抵抗がある人も多いと思います。ですが当サイトでご紹介しているサイトすべては専門もクレジットカード決済代行会社を採用しているためよりセキュリティが強いので安心してください。

また、スマートフォン専用のアプリチャットの場合だと、これらの情報の登録が不要な場合が多く、インストールするだけで無料ポイントがもらえるケースが多いです。

だからこそ、まずはライブチャットで遊んでみてどのようなサービスなのかを一度体験してみることをおすすめします。

関連記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました